【顔画像】松下萌子の昔と経歴は?熱愛きっかけはチョークアート!?

芸能

2020年1月、船越英一郎さんとの交際が発覚した松下萌子さんに注目が集まっています。

松下萌子さんは女優・歌手として活躍しながら、チョークアーティストとしてもご活躍なさっています。

また、このチョークアートが交際のきっかけになっていたことが分かりました。

最近ますます活躍されている松下萌子さんを、経歴や昔の顔写真を含めてご紹介していきますね。

松下萌子の熱愛きっかけはチョークアーティストだったこと!?

船越英一郎さんと松下萌子さんが出会ったきっかけは、2017年11月放送「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)での共演と言われています。

その際に、松下萌子さんがチョークアートの船越英一郎さんを披露していました。

このチョークアートに船越英一郎さんが感銘し、親交が深まったきっかけになったようです。

さすがチョークアーティストといった感じの見事な作品で、まるで本物かのような躍動感ですね。

それだけでなく、あまりに感動した船越英一郎さんはこのチョークアートをバウムクーヘンにアレンジしていました。よほど気に入ったんでしょうね。

確かに、自画像をアートとして表現してくれたら誰だって嬉しいですよね。

自分なら感動して相手のことが気になっちゃうかもしれません(笑)

松下萌子の経歴と昔の画像は?

松下萌子さんは現在39歳でこの美しさですが、昔はどんなお顔だったのか気になったので調べました。

・1997年8月21日 全日本国民的美少女コンテストでマルチメディア賞受賞し、芸能界デビュー。

今もお綺麗ですが、この頃の若々しい美しさも際立ちますね!

・2001年 夏色で歌手デビュー

・2003年3月 5枚目シングル「雨」

・2003年10月10日から放送「ヤンキー母校に帰る」で女優デビュー

・2005年6月25日 映画館・ポレポレ東中野で公開された「誰が心にも龍は眠る」で映画デビュー

・現在はチョークアーティストとしても活躍中

現在とても力を入れているチョークアーティストとしての活動ですが、海外での個展も行っていたりと活躍の場を広げています。

オークションでの松下萌子さんの作品は400万円で落札されていて、評価も高いんですね。

タレントでチョークアーティストの松下萌子(37)の作品が31日、都内で行われた絵画のオークション「第40回SBIアートオークション-モダン&コンテンポラリーアートセール」に出品され、400万円という高額で落札された。

デイリー

まとめ

みなさんの松下萌子さんのイメージと違う一面はあったでしょうか。

女優業だけでなくチョークアーティストとしても活躍されているマルチな才能に、正直とても驚いています。

今後も松下萌子さんのご活躍と、船越英一郎さんとの交際がうまくいくことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました