Introduction

山本直樹×永瀬正敏×窪田正孝×小西桜子

「あさってDANCE」「BLUE」「ありがとう」などで熱狂的なファンを獲得し、連合赤軍をモデルにした「レッド」で文化庁メディア芸術祭漫画部門の優秀賞を受賞した山本直樹。数多くの映像化作品もあるこのコミック界の人気作家は、性愛に溺れる人間たちの悲哀や滑稽さを、過激なまでに大胆な官能描写とともにあぶり出す鬼才として名高い。そんな山本のエロス漫画「ファンシー」は、1998年発行の「学校」に収録された異色の短編(2009年発行「夕方のおともだち」再収録)。国内外の話題作で圧倒的な存在感を放っている名優、永瀬正敏を主演に迎え、このうえなくユニークにして狂おしい実写映画化が実現した。

とある地方の寂れた温泉街。時が止まったように昭和の面影を色濃く残すこの町で彫師稼業を営む鷹巣明は、昼間は郵便配達員として働き、町外れの白い家に住む若き詩人にファンレターを届けている。一日中サングラスをかけている謎めいた鷹巣と、ペンギンと呼ばれる浮世離れしたポエム作家はなぜかウマが合い、毎日たわいない雑談を交わしていた。そんなある日、ペンギンのもとに彼の熱狂的なファンである月夜の星という女子が「妻になりたい」と押しかけてくる。折しも地元の町では、ヤクザの抗争など血生臭い出来事が続発。やがてニヒルで粗暴な鷹巣、ロマンティストで性的不能のペンギン、少女のように夢見がちな月夜の星が陥った奇妙な三角関係は、激しく危うげに捻れていくのだった……。

元彫師の郵便屋×ロマンティストの詩人×詩人のファン性愛と暴力の世界に溺れる男女3人のポエジーな三角関係

山本直樹の40ページ余りの同名短編に独自の脚色を施した本作は、現実とファンタジーの狭間を揺らめく男女3人の関係性をスリリングに映し出す。時が止まったかのような温泉街の独特の空気感とエキセントリックなキャラクター、ハードなセックスとバイオレンス描写が錯綜する映像世界は、観る者の好奇心や想像力をかき立て、まったく新しいピュアな刺激をもたらす。それぞれの愛を探し求める鷹巣、ペンギン、月夜の星の3人は、あてどない漂流の果てに何を見つけるのか。はかない一瞬の映像詩のようでもあり、不思議と生々しく心にまとわりついてくる独創的なエンターテインメントがここに誕生した。

河瀬直美監督と組んだ『あん』『光』『Vision ビジョン』、ジム・ジャームッシュ監督との久々のコンビ作『パターソン』における名演も記憶に新しく、国内外のフィルムメーカーからの出演オファーが絶えない永瀬正敏が演じるのは、ミステリアスな彫師の郵便屋。虚無的にして粗暴でありながら、なぜか懐の深い人間味をも感じさせるこの主人公と、ロマンティックな詩を紡ぐペンギンが織りなす摩訶不思議な友情劇に目を奪われずにいられない。山本直樹の原作漫画でペンギンそのものとして描かれる詩人の奇想天外なキャラクターを、映画やドラマに引っ張りだこの実力派、窪田正孝が唯一無二の存在感で体現しているのも必見である。

対照的なふたりの男性の間で少女から女へと艶めかしく変貌を遂げる月夜の星に扮し、体当たりの熱演を披露するのは小西桜子。2019年の第72回カンヌ国際映画祭に出品された三池崇史監督、窪田正孝主演のラブ・ストーリー『初恋』のヒロイン役にも抜擢された注目の新人女優である。また、田口トモロヲ、深水元基、長谷川朝晴、宇崎竜童といった個性豊かなベテラン、中堅俳優たちが脇を固め、泥船のごとき人生を生きる人間たちのおかしみと哀感に満ちた群像ドラマを彩っている。

そして監督を務めたのは、市川準、古厩智之監督作品に助監督として携わり、庵野秀明、三木聡、佐藤信介、白石和彌、大根仁、三池崇史監督作品などの数多くのメイキング・ドキュメンタリーを手がけてきた廣田正興。監督したショートムービーは東京国際ファンタスティック映画祭600秒、仙台短篇映画祭など数多くの映画祭で上映。オリジナリティーあふれる感性を遺憾なく発揮し、念願の長編デビューを果たした。

Story

とある地方の温泉街に、一日中サングラスをかけている鷹巣明(永瀬正敏)というニヒルな男が住んでいた。失踪した父親、竜男(宇崎竜童)の後を継いで彫師となり、昼は郵便配達屋もこなしている鷹巣の日課は、町外れの白い家に引きこもって暮らす若い詩人(窪田正孝)にファンレターを届けること。その詩人は“南十字星ペンギン”というペンネームで月刊ファンシーポエムという雑誌に寄稿し、女子学生の絶大な支持を得ている。見かけからしてペンギン似の詩人は、いつもレトロな空調で室内をキンキンに冷やし、氷風呂に身を浸すという生態までペンギンのよう。そんなペンギンの浮世離れした日常を不思議がる鷹巣だったが、はみ出し者同士のふたりは奇妙な友情で結ばれていた。

そもそもこの温泉街は風変わりな連中の溜まり場だった。鷹巣の勤務先の郵便局長で、風俗嬢を斡旋する射的屋でもある田中(田口トモロヲ)。鷹巣の後輩で、グチばかりこぼしているヤクザ組長二代目の国広(長谷川朝晴)。事あるごとにお墓を売りつけようとする住職の篠田(外波山文明)。鷹巣のもとに刺青を入れにやってくる裏社会の男、新田(深水元喜)。この時代の流れに取り残されたような寂れた町で、それぞれがあてどもない日々を生きていた。

ある日、いつものようにペンギンの家を訪ねた鷹巣は、人付き合いが極度に苦手なペンギンが月夜の星(小西桜子)と称するファンと文通を交わしていることを知る。しかし、今回届いた手紙の文面はいつもと違っていた。「私は先生の妻になりたいのです。どうか私をいっしょう先生のおそばにおいてください」。会ったこともない女子からの思いがけない熱烈な求愛にペンギンは驚き、鷹巣は「アブねえ女だな。おまけに絶対ブサイク」とつぶやく。

すると後日、月夜の星がペンギンのもとに押しかけてくる。ブサイクという鷹巣の見立てとは大違いで、清楚で可憐なメガネ女子である月夜の星は、強引にペンギン宅に住みつき、料理、風呂、洗濯などの身のまわりの世話を始める。すっかり奥様気取りの月夜の星をサングラスの下の冷めた目で見つめていた鷹巣は、彼女にずけずけ質問を投げかけ、ペンギンが性的不能である事実を告げるのだった。

やがてペンギンのもとに月刊ファンシーポエム編集部から懇親パーティーの招待状が届き、鷹巣は代理として出席する月夜の星のエスコートを頼まれる。ところがパーティーの最中、鷹巣の真意不明の言動に心かき乱されていた月夜の星は、ワインをがぶ飲みして泥酔してしまう。悪態をつかれた鷹巣がその場で突然唇を奪うと、我を見失ったように身を委ねる月夜の星。そのままホテルになだれ込んだふたりは、欲望に駆られるままに体を重ね合う。

その頃、温泉街にも不穏な変化が巻き起こっていた。ヤクザのドンを狙撃してこの町に潜伏していた新田が追っ手に殺害されるなど、血生臭い事件が続発。夢見る少女から妖艶な女へと変貌を遂げた月夜の星は、自ら鷹巣を誘惑するようになる。一方、月夜の星に惹かれながらも彼女を抱けないペンギンは、答えの見つからないジレンマにもがき苦しんでいた。

そして鷹巣と月夜の星が激しい情事に身を焦がしている最中、ふたりの関係を察したペンギンは、体質的に耐えがたい太陽光が照りつける外界へ飛び出していく。ロマンティックな夢と苦く切ない現実の狭間で、どうしようもなく狂おしく溺れ続ける3人はどこへ漂着するのか……。

Cast

永瀬正敏
永瀬正敏 Masatoshi Nagase

1966年7月15日生まれ、宮崎県出身。相米慎二監督『ションベン・ライダー』(83)でデビュー。ジム・ジャームッシュ監督『ミステリー・トレイン』(89)、山田洋次監督『息子』(91/日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞他)など国内外の100本以上の作品に出演し、数々の賞を受賞。台湾映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』では、金馬映画祭で中華圏以外の俳優で主演男優賞に初めてノミネートされた。河瀨直美監督『あん』(15)、ジム・ジャームッシュ監督『パターソン』(16)、河瀨直美監督『光』(17)ではカンヌ国際映画祭に3年連続で公式選出された初の日本人俳優となった。近年の主な出演作に『64-ロクヨン-前編/後編』(16/瀬々敬久監督)、『Vision』(18/河瀨直美監督)、『パンク侍、斬られて候』(18/石井岳龍監督)、『赤い雪 Red Snow』(19/甲斐さやか監督)、『ある船頭の話』(19/オダギリジョー監督)、『カツベン!』(19/周防正行監督)などがある。また、写真家としても多数の個展を開き、20年以上のキャリアがある。2018年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

窪田正孝
窪田正孝

1988年8月6日生まれ、神奈川県出身。2006年デビュー。2014年に上半期のNHK連続テレビ小説「花子とアン」、「Nのために」(TBS)で注目を集める。近年の主な映画出演作に『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13/小泉徳宏監督)、『ロマンス』(15/タナダユキ監督)、『ヒーローマニア -生活-』(16/豊島圭介監督)、『64-ロクヨン-前編/後編』(16/瀬々敬久監督)、『東京喰種 トーキョーグール』(17/萩原健太郎監督、19/川崎拓也・平牧和彦監督)、『犬猿』(18/吉田恵輔監督)、『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18/福田雄一監督)、『DINER ダイナー』(19/蜷川実花監督)などがある。また、2020年上半期のNHK連続テレビ小説「エール」に主演が決定している。

小西桜子
小西桜子 Sakurako Konishi

1998年3月29日生まれ、埼玉県出身。本作『ファンシー』で映画初出演を果たす。窪田正孝と共演した三池崇史監督『初恋』が2019年カンヌ国際映画祭にて上映された。その他の出演作に第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門出品作品『猿楽町で会いましょう』(19/児山隆監督)がある。

深水元基

1980年生まれ、東京都出身。モデル活動を経て2000年、テレビドラマへの出演を機に俳優活動を開始。主な出演作に『クローズZERO』シリーズ(07・09)、『るろうに剣心』(12)、『相棒シリーズ X DAY』(13)、『映画 みんな!エスパーだよ!』(15)、『新宿スワン』シリーズ(15・17)、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』(18)、『コーヒーが冷めないうちに』(18)、『サムライマラソン』(19)、『キングダム』(19)、『ダンスウィズミー』(19)などがある。

長谷川朝晴

1972年3月19日生まれ、千葉県出身。1993 年明治大学在学中ジョビジョバを結成。2002 年に活動を休止するまでジョビジョバとしてライブ活動をはじめテレビ・ラジオ・イベントなどに出演。その一方で、俳優としても数多くの映画、ドラマに出演。2010年、瀬々敬久監督『ヘブンズ ストーリー』にて 第25 回高崎映画祭最優秀主演男優賞受賞。近年の主な映画出演作に『お父さんと伊藤さん』(16/タナダユキ監督)、『咲 Saki』(17/小沼雄一監督)、『ミドリムシの夢』(19/真田幹也監督)などがある。

坂田 聡

1971年12月21日生まれ、福岡県出身。1993 年明治大学在学中ジョビジョバを結成。2002 年に活動を休止するまでジョビジョバとしてライブ活動をはじめテレビ・ラジオ・イベントなどに出演。その一方で、俳優としても数多くの映画、ドラマに出演。近年の主な映画出演作に『百円の恋』(14/武正晴監督)、『探偵はBARにいる3』(17/吉田照幸監督)、『きばいやんせ、私!』(19/武正晴監督)、『喜劇 愛妻物語』(20/足立紳監督)などがある。

吉岡睦雄

1976年7月11日生まれ、広島県出身。大学時代に小劇場の舞台から俳優活動をスタートし、その後、映画、ドラマへと活躍の場を広げる。近年の主な映画出演作に『オーバー・フェンス』(16/山下敦弘監督)、『予兆 散歩する侵略者 劇場版』(17/黒沢清監督)、『スマホを落としただけなのに』(18/中田秀夫監督)、『五億円のじんせい』(19/文晟豪監督)、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(19/箱田優子監督)、『楽園』(19/瀬々敬久監督)、『漫画誕生』(19/大木萠監督)などがある。

榊 英雄

1970年6月4日生まれ、長崎県出身。1995年、古厩智之監督『この窓は君のもの』の主演で俳優デビュー。『誘拐ラプソディー』(09)で第20回日本映画批評家大賞の新人監督賞を受賞。その他の監督作に『捨てがたき人々』(14)、『木屋町DARUMA』(15)、『アリーキャット』(17)、『生きる街』(18)など。近年の主な映画出演作に『2つ目の窓』(14/河瀨直美監督)、『blank13』(18/斎藤工監督)、『下忍 赤い影/青い影』(19/山口義高監督)などがある。

佐藤江梨子

1981年12月19日生まれ、東京都出身。TVドラマ「美少女H」(98)で女優デビュー。2004年、庵野秀明監督『キューティーハニー』で注目を浴び、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07/吉田大八監督)、『秋深き』(08/池田敏春監督)、『すべては海になる』(10/山田あかね監督)などに主演。近年の主な映画出演作に『その街のこども 劇場版』(10/井上剛監督)、『リングサイド・ストーリー』(17/武正晴監督)、『ラプラスの魔女』(18/三池崇史監督)などがある。

宇崎竜童

1946年2月23日生まれ、京都府出身。73年にダウン・タウン・ブギウギ・バンドを結成しデビュー。「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」「スモーキン’ブギ」など数々のヒット曲を生み出す。映画音楽では 「駅ーSTATION」 (81)「社葬」(89)などで日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。主な映画出演作に『TATTOO[刺青]あり』(82/高橋伴明監督)、『突入せよ!あさま山荘事件』(02/原田眞人監督)、『グラスホッパー』(15/瀧本智行監督)、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(17/小林聖太郎監督)、『波乗りオフィスへようこそ』(19/明石知幸監督)などがある。

田口トモロヲ

1957年11月30日生まれ。東京都出身。主演映画「鉄男」(89/塚本晋也監督)で注目を浴び、以後、俳優、監督、ナレーター、ミュージシャンとして幅広く活躍している。近年の映画出演作は『探偵はBARにいる』シリーズ(11・13・17)、『孤狼の血』(18)、『終わった人』(18/中田秀夫監督)、『パラレルワールド・ラブストーリー』(19/森義隆監督)、『見えない目撃者』(19/森淳一監督)など。

Staff

監督:廣田正興 Masaoki Hirota
岩手県盛岡市生まれ。市川準監督、古厩智之監督作品などの助監督出身。TV版「私立探偵濱マイク」のメイキング撮影、庵野秀明、熊切和嘉、佐藤信介、三木聡、白石和彌、大根仁、三池崇史監督など数々の映画作品のメイキングドキュメントを演出。本作は、初商業長編作品となる。その他、監督としてはショートムービー『個人』が東京国際ファンタスティック映画祭600秒、第二回仙台短篇映画祭他、多くの映画祭で入選。中篇映画『代々木ブルース最終回・地図とミサイル』も仙台短篇映画祭、日米メディア協会、山形国際ムービーフェスティバルなどで招待上映後、ユーロスペース2などで劇場公開された。2012年『P【ピー】』が第2回 O!!iDO短編映画祭 優秀賞受賞。
原作:山本直樹 Naoki Yamamoto
84年、「私の青空」でデビュー。ストーリー性のある青年漫画を描く一方で、大胆な性描写で成人向け漫画でも話題になる。91年発表「BLUE」では、その過激な描写が論争となるが、その後も作風は変わらず、95年発表「ありがとう」では「家族とは何か」を問いかけたテーマ性も高く評価される。「あさってDANCE」「君といつまでも」「ありがとう」など多くの作品が映画化されている。2006年より連合赤軍事件を題材にした「レッド」(イブニング/講談社)を連載開始。同作は、2010年に第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。